コピー機リースは魅力

コピー機レンタルなら審査がいらない

コピー機を職場で導入したい場合には、まずはメーカーから購入するのがストレートな方法ですが、これでは大金が必要となってしまいます。

そこで予算的にきびしい場合にあっては、リースやレンタルといった別の方法でコピー機を導入することもでき、たしかに所有権はリース会社などの会社に帰属してはいますが、実際の利用の面では特にさしたる影響はありません。リースは機種を自由に選ぶことができて、長期利用であれば料金がかなり安価という点で人気がありますが、レンタルと違って事前に審査を受けてから契約できるかどうかがきまります。

そのため大きな会社であればいくらでも審査は通過できるものの、個人事業主などの場合には断られてしまうおそれがないともいいきれません。いっぽうでコピー機のレンタルは審査が不要となっていて、すぐにでも現物を借りられるところが大きなメリットになっています。

レンタルの場合の料金はリースよりも多少割高になりますので、そのために比較的短期間の契約がよいとされていますが、審査不要といったメリットと考えあわせてみれば、多少の金額の違いはそれほど問題にならないはずです。また期間についてもリースであれば数年単位となってしまい、その間に解約することができないことにもなっていますが、レンタルであれば期間が最初から決まっているのではなく、契約する人のほうで長短いずれであっても自由に決められることができるのもメリットといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *