コピー機リースは魅力

コピー機のレンタルを選ぶ際のポイント

会社でコピー機のレンタルを選ぶ際には、経費の節減に対する影響を十分に考慮することが大切です。

一口にレンタルと言っても様々なものがあり、本体のみを利用することができ様々な費用は別途支払わなければならないものや、かかる費用を全て月額の料金で賄うことができるもの、さらには使用した分のみを支払う従量制のものなど様々なタイプがあるためです。会社がコピー機のレンタルを利用することが多い理由は、設備に係る減価償却費やこれに付帯する動産資産税等を節減することが大きな要因となっています。

一般的に会社がコピー機を購入した場合には設備として扱われることが多く、法律で定められた償却期間に対して動産資産の扱いとなり毎年税金が発生します。そのため単純に購入しただけで税金の負担が増えることになることから、経費の負担が大きく増えることになります。これを節減するためにレンタルを利用することが少なくありません。

一般的にはレンタル費用の方が購入する場合に比べてその総額は高額となることが多いのですが、この場合には社内で処理をする費目も異なる形になるため、最終的に経費の節減となる場合が少なくありません。しかし様々な付帯費用が発生する場合に、これらを総合すると高額となってしまうことも多いため注意が必要です。これらを費用をそれぞれの費目と比較し、総合的に軽減させることが、効果的な利用法となるため、この点に注意をすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *