コピー機リースは魅力

短期間で利用できるコピー機のレンタル

現在ではデジタル複合機が主流になり、様々なオフィスで導入されています。

一般的にパソコンをはじめとする機器や複合機などはリース契約での導入が一般的になっていますが、短期間内での利用の場合には適していません。限られた期間内で利用するコピー機は、レンタル契約することでコストを抑えた利用が可能になります。通常のリース契約と違い必要な日数だけ使用することができるので、それ以外のコストがかからず、トナーや保守料なども含まれていることが一般的です。

リース契約の場合、契約期間中は中途解約することはできませんが、コピー機をレンタルで利用すると、予定日数に満たなくても途中で返却することができます。料金の中に搬入や撤収の料金も含まれているので、いつでも撤収を依頼することが可能になります。契約期間中であれば故障対応などにも料金はかからず、トナー料金なども含まれているのが一般的です。短期間での利用であれば十分な予算の圧縮が可能になります。

コピー機をレンタル際の注意点として、いくつかのデメリットがあります。リース契約とは違って最新の機種がいつでも利用できる可能性は低く、目的に沿った機種の選定がむつかしくなります。契約する会社が持っている在庫の内容にもよりますが、貸し出される機器は中古品が多く、機種によっては不具合が起こる可能性もあります。あらかじめ契約する際に状態を把握しておくが大切で、必ず複数の会社に問い合わせたうえで検討することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *