コピー機リースは魅力

期間が自由なコピー機レンタル

コピー機はいまではオフィスの必需品ではありますが、価格が高すぎて新規で購入するのはむずかしいパターンも存在します。

特に個人事業主や中小企業の場合には、一度に多額のキャッシュの支払いを求められるのはできれば避けたいところであり、新規購入以外のリーズナブルな料金ですむプランを見つけるのが得策です。このような場合に最適なのがリース方式であり、リース会社を通じて依頼をすれば、メーカーや機種機能などはカタログから自由に選択して指示することができますし、毎月の料金も低廉で支払える範囲におさまるのが最大の取り柄となっています。

もっともリースの契約は事前に審査が必要になってくる上に、数年がかりの長期契約となるのがふつうで、途中解約もできない縛りが生じてしまうのが難点です。コピー機を導入する方法は購入やリースだけではなく、実はレンタルとよばれる方法もあり、条件しだいではこちらのほうがすぐれています。

この場合レンタル会社に在庫があるコピー機が対象となるため、リースよりも機種などの選択の範囲が狭くまってしまうことがありますが、オフィス機器専門店であれば最新機種を取り揃えていることも多いため、それほど問題にはならないこともあります。特にレンタルの場合のメリットとして、リースとは違って途中解約を必要とせず、はじめから契約期間を自由に設定できることが挙げられます。したがってイベントなどのわずか数日程度の利用でも可能ですし、逆に数か月にわたるような継続的な利用にも耐えられるのが特色です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *