コピー機リースは魅力

コピー機レンタルの際の保守契約

コピー機はメーカーから直接買うと高額になることから、購入せずにレンタルするサービスを利用すれば、安価にすませることも可能です。

業務用の製品専門のレンタルショップは割と多くありますので、このようなところと契約をかわして、在庫にある中古のコピー機を期間限定で借り上げておけば、メーカー買い取りとは違って毎月のわずかなレンタル料の支出だけで製品を使えるようになります。特にこの方法を使えば契約を見直して途中で別の機種に借り換えたり、借り入れの期間も自由に設定したりすることができ、フレキシブルにコピー機を導入したい場合にはぴったりの方法です。

そのためにイベントの会場内での使用といった、ごく短期的な利用にも有効ですし、もちろん通常のオフィスで使用するのもかまいません。このようなコピー機をレンタルする上では、機器そのものに対する本契約に加えて、保守契約についても気を配る必要があります。特にオフィス内での常時使用であれば、紙詰まりなどのアクシデントは比較的起こりやすく、故障して使えなくなることもあり得ます。

その際にサービススタッフをそのつど派遣してもらうのはコストの面では高くつきすぎですので、保守契約をレンタルそのものとあわせて締結しておき、たとえばカウンターの目盛り一つあたりの単価などで安くすませる方法があります。この単価が決まっていれば修理費などの余計な費用が臨時で発生するおそれがないため、よさんも立てやすいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *