コピー機リースは魅力

コピー機のレンタルを行う際に誤りがちなポイント

多くの企業では、経費の削減のためにコピー機のレンタルを行うことが少なくありません。

しかしその選択を誤ると実際に経費の削減とはならないばかりでなく、逆に無駄な費用が発生してしまうこともあるため注意が必要です。これを避けるためには費用の内訳を的確に認識し、十分に比較して選ぶ事とともに、その処理品目にも注意をすることが必要となっています。一般的に企業がコピー機のレンタルを利用することで経費の削減が行える理由は、設備償却や資産にかかる税金を減らすことができるためです。

企業が設備を所有している場合にはこれに対して税金が発生する仕組みとなっており、所有しているだけで費用がかかると言う問題が発生します。そのため近年ではできるだけ設備を持たないようにすると言う企業が増えており、一般的にはレンタルを利用することでその費用を諸経費として計上することができるため、節税を行うことができるメリットがあります。

しかし、レンタルの中にも様々な形態があり、レンタル会社やリース会社がその企業のために代わりにコピー機を購入しし、有償で貸し出しといったことも行われていますがこの場合には税金を逃れるための細工であるとみなされることもあり、事実上は所有しているものと同じとして課税されるケースも少なくありません。さらにコピー機には消耗品が必要となるため、これらの消耗品の扱いも注意しなければならない点が多くなっています。これらを積算すると場合によっては自ら購入し設備に関する税金を支払う場合よりも高額となってしまうケースもあるため、十分に注意をしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *