コピー機リースは魅力

コピー機のレンタルを効果的に利用するための注意点

近年の企業では、経費を削減するためにコピー機のレンタルを利用することが非常に多くなっています。

一般的にコピー機を自社で購入した場合には、単に購入費用だけではなくこれを使用するために必要なものとして用紙代や電気代、もしくは維持するためのメンテナンスの契約費用、さらに交換用トナー費用がかかるため、これらを総合すると非常に莫大な金額となってしまうことも少なくありません。一般的にレンタルを利用すると、これらの費用を低く抑えることができるほか、さらに重要なポイントとしてその会社の設備に関する税金の節減に役立つと言う側面があります。

一般的に機器を会社が購入した場合には資産とみなされ、俺に対する課税がなされることになるためです。しかし、レンタルを利用すると設備等は扱われないことから資産に係る課税がなされないケースが多くなっており、その分の経費を削減できる点が非常に大きなポイントとなっています。加えて近年では単純にコピー機そのものをレンタルすると言う仕組みではなく、コピーを行う枚数に応じた課金がなされる仕組みも非常に広く浸透するようになってきました。

この場合には用紙代や電気代、もしくは維持するためのメンテナンスの契約費用等が全て不要となるため、コピーをした枚数に応じた費用を支払うだけで良いので大幅な経費節減が可能となります。ただし業務上その枚数が多い場合にはコピー機のレンタルの方が有利になることも多いため、その選び方を十分に考慮することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *