コピー機リースは魅力

短期の利用にコピー機のレンタルがおすすめ

コピー機を短期間に使用したいとき、購入をすれば利用した後の処分方法や費用にも困ることもあるため、リース品かレンタル品が悩むことがあるでしょう。

どちらがお得に使えるのか、企業の担当者の方はお困るの人は多いかもしれません。どちらか迷ったときは、コピー機を使用する期間でリース品かレンタル品か判断するとよいです。数日か数ヵ月しかコピー機を使わない場合は、レンタルを選択するのが一番です。最初から、どれくらいの期間で借りるかということが決まっているときにも最適です。

例えば、イベントや展示会、会社説明会や講演会、選挙事務所などで利用する場合は、期間の変更がないので、数日や数ヵ月の契約で借りた方が賢い選択となります。コピー機のレンタル品は旧型の製品が多かったり、初期費用がかかる場合がありますが、中途解約をすることが可能で、手軽に導入できる点が魅力です。コピー機を2、3年以上使う計画があるなら、レンタル品よりもリース品を選ぶのがよいでしょう。

リース品は審査があったり、中途解約ができないというマイナス面はあるものの、初期費用がかからず、最新の機種を導入できるメリットがあります。途中で使う必用がなくなってしまったら損になりますが、長期的に借りるのであればコストパフォーマンスも良くなり、総額の料金も安くおさえられます。このように、どちらにしようか迷った時の判断材料は、利用期間で決めて導入するのがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *