コピー機リースは魅力

コピー機レンタルの主な特徴

コピー機のレンタルは業界だと型落ちの中古から選ぶのが一般的で、メーカーや機種も限定されていることが多いです。

導入出来る機器が型落ちの中古品なので、リースで導入出来るタイプと比べると機能や性能が劣ることもあります。コピー機のレンタルをするきにはカウンター保守サービスを契約しますが、これは毎月保守料金を支払うことでメンテナンスを行ってくれます。これは例えば、モノクロだと1枚3円、カラーなら1枚30円と毎月のプリント数にあわせて支払い、修理や調整、トナー代などの消耗品にかかる費用が無料になります。

レンタルのコピー機だとリースと異なり短期間だけの契約も可能ですが、契約期間が短いほど利用料金は高くなります。また中途解約が可能で、契約期間によって解約金の支払いが必要になることもあります。機器の印刷速度が速いほど月額利用料金も高くなり、現金一括で買った場合でも同じく高額なのでこれは違いはないといえます。

月額利用料金だとリースよりも高めですが、これも店舗によって価格に差があります。コピー機のレンタルサービスだと大きく分けて2つあって、一つはオフィス機器全般を貸し出す会社でもう一つは中古販売店です。オフィス機器全般を貸し出す会社の方が料金も高額になる傾向があって、中古販売店より場合によっては数倍以上も違います。そのため利用料金を抑えたいときは、中古販売店が提供しているサービスを利用したほうがいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *