コピー機リースは魅力

リースを使ってコピー機を導入するメリットとは?

仕事の中で文書をコピーする機会は多いかと思われますが、最近のコピー機にはホチキス止めやページ揃え、さらに製本や天折り、蛇腹折りなどの機能がオプションで使える製品もあるなど便利な時代です。複合機の場合は、このような機能に加えてスキャナーやファックス、プリンターなどの機能が標準で付いているなど1台4役などの魅力もあります。ただ、既にファックスやプリンターがあるおオフィスなどではあえて買い替えなどせずに使えるものをそのまま維持していた方が経費の無駄にもなりませんので現状維持をされている会社さんも多いのではないでしょうか。複合機やカラーコピー機などリースを使えば少ない予算で導入ができるメリットがあるわけですが、これは最新式のOA機器などをリース会社から借りているもので自社所有をするものではないため固定資産税の対象から外すことができます。

仮に、自社所有した場合には固定資産税の納税義務が発生することになり税金はそれほど高いものではなくても、多数の製品導入を行うことで塵も積もれば山となるなど経費もより多くかかることも少なくありません。また、コピー機をリースで導入すると少ない費用でオフィス内に迎えることができるわけですが、購入となると高額な設備ですから銀行への融資依頼も必要になることは少なくないわけです。融資を受けるときには事業計画書などの種類の作成も必要になりますし、審査完了まで時間を要してしまうなどリースでコピー機を導入するケースが多い理由がわかります。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *