コピー機リースは魅力

コピー機のリースが一般的である理由

今ではどのようなオフィスにもあるコピー機ですが、このOA機器を導入するにあたってリースという形式を採用する場合が多いといわれています。その背景にあるのはこの導入方式のメリットが非常に大きいということが関係しています。言い換えれば、リースで導入することが多くのオフィスにとって最大のメリットにつながっているということです。このことは多くのオフィスがすでに知っており、特別な事情を除けば第一選択になっています。

コピー機にも色々な種類がありますが、高性能なものであるほど高価であるのは言うまでもありません。それらお導入するにあたってかつては買い取り方式が一般的でした。しかしながら買い取りの場合には一時的に大きな金額が必要になることに加え、何かトラブルがあれば対応しなければならないのが課題になりました。これは必要な支出が安定せず、思わぬところで大きな修理費が必要になってしまうという点で大きな問題であったといえるでしょう。

一方でリースの場合には、コピー機の運用全体をある程度一定の資金で賄うことができるというのが大きなポイントです。所有権こそ自分が持つことはありませんが、だからこそ不調が生じた場合の修理の対応を外部に任せることができますし、契約によっては消耗品まで含めて運用してもらうことができます。また資産を購入するのとは違いますので経費として計上することもできるのです。この点が買い取り方式よりもメリットにつながる魅力的な部分です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *