コピー機リースは魅力

コピー機のリースのメリットは

コピー機のリースのメリットは、いろいろありますが資金面や事業の合理化という面が大きいです。コピー機を購入するときは、多額の資金が必要ですがリースなら毎月のリース料だけですみます。特に事業をスタートさせる経営者は、運転資金として別のことにお金を使うことが可能です。リース料は経費として計上できるので、税金面でも有利になるのも助かります。

コピー機のリースは、減価償却事務や納付・保険の事務手続きがいらないので、合理化を図ることが可能です。契約した会社に任せることができるので、人件費のカットにもつながります。耐用年数を意識して申し込めば、最新の機器を利用できて設備の劣化をきにしなくてもいいのも魅力。もしも継続して利用を考える場合は、新たに契約すればいままでどおり利用できるシステムになっています。

紙詰まりやシステムエラーなどのトラブルも、契約した会社のサービスに盛り込まれていれば利用ができます。オプションとして用意している会社もあるので、注意が必要です。どれくらいの年数を使うのかや、機能はどれくらいあるのかを相談して、レンタルとどちらがいいかを業者に相談ができます。中途解約ができないのがデメリットになるので、業者と相談することは必要です。

しかし新品の取り扱いができるのが魅力でレンタルの場合は、中古のケースが多くなります。契約内容を確認して、解約時のリスクを知っておくことで、デメリットを予防することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *