コピー機リースは魅力

コピー機をリースするときには保守契約内容も比較

コピー機を購入するとき、会社の中で経費として使えるお金が多くあるときには銀行融資を利用せずに導入ができても、高額なOA機器ですから会社の中にあるお金だけでは足りない、購入代金分のお金はあってもそれを使えば運転資金が底をついてしまうなどでは融資を受ける必要性も高くなります。融資を受けるとなると審査が終わるまで時間が多くかかるし、今すぐ欲しいときなど融資を受けているのでは時間だけが過ぎてしまうなどのデメリットがないわけではありません。リースの場合も審査はあるけれども、リース審査は銀行の融資審査よりもスピーディですし契約を結べば新製品のコピー機を格安な利用料で使えるメリットもあるわけです。リース会社から最新式のコピー機を借りてオフィスの中で使えるわけですが、トナーなどの消耗品は保守契約の内容により無償になることもありますし、都度費用を支払うケースもあるので保守契約の内容を比較検討されることをおすすめします。

この保守サービスの中にはスポット契約と呼ぶ方法もあるのですが、スポット契約は毎月の利用料は安いので魅力があるけれども故障した際の修理費用をはじめ、サービスマンの技術料や出張料がそのときにかかって来ます。紙詰まりが頻繁に生じて困っているときなどスポット契約では、トータル的に計算すると割高になることも多いようです。保守契約の中には、修理費用や部品代金などが含まれているものもあるので契約を交わす前に内容を良く確認されることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *