コピー機リースは魅力

保守業者の迅速な対応も助かるコピー機リース

新品コピー機導入のラッキーチャンスとなるリース契約ですが、メーカーの正規認定業者かどうかも確認をすることです。機番と保守契約は向過ぎ付いていて、メーカー公認の外注の保守業者もいます。最も安心できるのはコピー機のリース契約は、メーカーの正規認定業者とかわし保守契約の締結をすることです。各メーカー公認の業者に関して、用意された厳しい試験をパスしたスタッフがいることが大切になります。

身近なOA機器である反面精密機器でもあるため、導入後にトラブルが起こる可能性は否めません。万が一に社内ですぐ解決できない機器の問題が発生したとき、保守業者の拠点が近い距離にあれば対応もそれだけ迅速です。遠方の保守業者にあってしまうと、機器のトラブル発生から解決までに時間がかかります。コピー機リース契約をするにあたり、確認をしておくべき一つは保守業者の所在地です。

定期的に契約したオフィスなどをサービスマンが訪れては、機器のメンテナンスをするのがこれまでの主流でした。契約者のもとを訪問することで、現状を口頭で聞くこともできますし、その際に使用状況やトナーの残りも確認できます。ネットが身近な現代サービスマンの訪問だけではなく、確認は通信回線を使っているケースも多くなりました。訪問することなく部品の消耗状況や、トナーの管理も遠隔管理での情報収集で行うことは多いです。

そのためコピー機リースをするときには、故障やトラブルをその会社では、どのように防ぐシステムかを知っておくことも必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *