コピー機リースは魅力

コピー機のリースはメリットが多い

コピー機のリースにはメリットが多くあります。やっぱり、購入した方が良いのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし、リースをして借りる事にもメリットがありますので、それを紹介していきます。もしも、購入しようか借りるか迷っている人は、参考にしてみるのも良いでしょう。

まず、コピー機をリースするという事は『借りる』という事になります。つまり、所有権は向こうにありますので、こちらの所有物にはなりません。実はこれがメリットになり、固定資産税の対象にならないので税金対策になるのです。コピー機を購入すると資産として扱われますので、固定資産税を払わなければいけなくなります。

しかし、リースは借りていますので、資産として扱われません。この方法でコピー機を導入するのは、このようなメリットがあります。他にも、リースはカウンター料金を毎月支払う事で、トナーの交換が必要になった際や、修理が必要になった際に無料でしてくれます。自分で購入した場合は、故障した場合やトナーの交換が必要になった時は自分で全てしなければいけませんので、少し面倒な事になってしまうのです。

一応、カウンター料金を支払うかどうかは任意ですが、最新の機種を借りる時はカウンター料金が必須になるようなので、そこは注意しておきましょう。デメリットがあるとするならば、長期契約が基本になりますので、どうしても短期間だけ借りたいという人には向いていないという点です。途中解約も出来ませんので、長期的に使う事が決まっている人は問題がないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *