コピー機リースは魅力

コピー機リースと保守点検サービス

コピー機を使っていると、頻繁にトラブルが発生するものです。トラブルで多いのは線が入ったり、汚れたりすることです。ちょっとしたトラブルであっても、業務がストップしてしまうことも少なくありません。このようなトラブルに対応したり、トラブルが起こらないようにするのが保守点検サービスです。

コピー機をリースする際に大切なことの一つは、保守点検サービスを自社できちんと行っているところを選ぶことです。必ず必要となってくるからです。販売店ではコピー機本体の販売やリース契約のみを行い、保守契約は他の業者が来るという契約パターンがしばしば見られます。これが悪いというわけではありませんが、トラブルが起こったときにどこに連絡を入れたら良いのかわからなくなってしまいかねません。

保守点検サービスを自社で行っているということは、お客様に対して長く良い関係を維持したいということの表れでもあります。そのため信頼のおけるコピー機のリース会社を選ぶ上での重要ポイントといって良いでしょう。また、保守点検サービスの料金にも注意する必要があります。コピー機のリース料金には、商品代金である本体料金の他に、保守契約にかかる保守料金の2種類の料金が存在しています。

保守料金はカウンター料金の中に含まれているので、意識していないことが多いかもしれません。契約内容によって保守料金が変わってきますので、契約する段階でよく確認することが大切です。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *