コピー機リースは魅力

コピー機のリース料金の決まり方

初期費用を0円にしてコピー機を導入するなら、リースという選択肢が一番です。3~7年間ほどの使用を想定しているため、これらに該当する場合に最適です。試用期間が数日~2年くらいでしたら、レンタルのほうがいい場合もあります。コピー機のリース料金は主に性能で決定し、相場より高いプランでは高性能機種が提供されると考えてください。

性能の内訳はさまざまで、印刷速度や画質のほか機能性などもあります。多機能であるほど価格に反映されるので、本当にほしい機能を模索したうえでコース選びをしていく必要があるでしょう。一般的に事務所の規模が大きくなるほど、高性能の機種が必要になります。一方で数人レベルの事務所ですと、最低限の性能を備えた機種で問題ないことが多いです。

コピー機のリース導入においては、料金に加えて業務の快適性も考える必要があります。印刷速度が遅すぎるようであれば、大きなストレスを感じるでしょう。円滑な業務に支障が出るようであれば、性能が不足しています。適切な機種は自社で絞り込んでいくのは難しいため、リース会社の専門家に聞くのが一番です。

コピー機メーカーにより機種の強み・弱みが異なるので、メーカーごとに比較するのもおすすめです。事業規模によって適切なメーカーが変わることは少なくありません。コピー機のリースは人気ランキングから選べば、失敗のリスクを回避できます。人気機種は料金・性能のバランスがよく、コスパに優れているのが特長です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *