コピー機リースは魅力

コピー機は最長7年間でのリース契約をすることも

メーカーサイドのコピー機法定耐用年数は5年間くらいなので、リース契約も大体5年間の設定になっていることが多いです。しかしプランはほかにもありますので、それぞれのオフィスの事情を考慮しての契約になります。いったいどれほどのペースで自社では使用をするのか、コピー機のリース期間を決めるには頻度自体を熟慮したうえで決定をすることも大事です。もっと長い7年間での契約は最長ですが、良い面もあればマイナスポイントもあります。

リースのコピー機は最初に大きな金額を代わりに支払ってもらって、後からゆっくりと返済をするスタイルです。分割払いは7年間で84回の計算で出されるため、総合的に支払いをする金額は高めになります。半面で毎月支払う金額に関しては、だいぶ抑えることができるため、月々の負担は少なめです。契約期間が間話終わっていない段階で、入れ替えなどを実行するのは注意であり、残債が多い状態なのを忘れてはなりません。

かなりハードに印刷をするオフィスの場合だと、張り切って稼働をしてくれる機器とは言え、耐用枚数をオーバーしてしまう事も考えられます。それでも分割する回数が多いので、月々払う金額が安くなるのは楽です。リースのコピー機を検討するときにも、少しリッチにハイスペックの機種を検討したって問題はありません。いったん導入して使い始めてみるとリースしたコピー機は、使い慣れてくるので長く使用できるのは助かります。

日頃使い慣れている機器だと、操作や癖もわかっているので扱いやすく、仕事も順調に進みやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *