コピー機リースは魅力

リースのコピー機は固定された月額料金の支払い

日々の業務を順調に行うのために必要な設備は、会社としても導入する必要がありますが、初期投資があまりにも大きな金額になると簡単に購入には踏み切れません。しかしコピー機も自社で買うのではなく、リース契約という選択をすることで初期費用は0円です。契約の凍結にあたり高額な支払いをその場で請求されることはなく、必要な機器は最初にオフィスに導入をして、契約満了まで毎月一定金額をゆっくり支払うことになります。大きな現金が一気になくなると、会社としては痛手ですが、そのリスクがないのでその分を事業の運転資金にすることも可能です。

注意をしたいのはコピー機をリースする際に、必ず審査があることであり、パスできなかったら契約は凍結できません。審査に通らないハプニングを起こさないためにも、与信審査を事前にしておくことです。これは無料で受けることができるうえに、もしもこの段階でパスしてもすぐに本契約をする必要もありません。審査基準は利用をする会社により違うので、同時にいくつかのコピー機リース会社で行う与信を受けてみることです。

支払いに関しては変動性がなく、毎月の支払う金額は固定されています。動きがアップダウンしないために、自社としてもランニングコストがどれくらいかかるか、常に把握をしやすいです。数年単位で使っても所有権は得られませんが、おかげで固定資産税の支払いも、減価償却の面倒な事務処理もなくかなり事務的にも気軽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *